株ドカン

Pocket

株ドカンは、金融庁の登録を受けて運営している、投資助言会社が提供するサービスです。株ドカンに申し込んだ先着300名様には、14日間完全無料となっています。つまり、先着300名は0円でご利用いただけるようです。(当ブログでは、今後も株ドカンについての情報を集めて発信していきたいと思います。)

 

株ドカンは、自分の感覚でのトレードでは、最近負けが続いている…という方、自分のトレードに自信がなく、プロの助言が欲しい方、今まで利益を出せていたのに最近調子が悪いので誰かにアドバイスしてほしい方などにオススメの投資顧問となっています。

 

株ドカン公式はこちら⇒即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

 

株ドカンに関する記事一覧

当サイトの株ドカンに関する記事の一覧です。

それぞれについて詳しく知りたい方は、各ページを読んでみて下さい。もちろん、この記事自体にも全ての情報を網羅するようにまとめていますので、株ドカンがどのような投資顧問なのか知りたい方は、この記事を下まで読んでいただければわかるかと思います。

 

  • 株ドカンの口コミ…株ドカンの口コミをまとめています。良い口コミ、悪い口コミの両方を紹介しています。

 

株ドカンの銘柄配信を行う平田和生氏について

株ドカンの銘柄配信は、平田和生氏が行っています。

この銘柄配信を行う平田和生は、メリルリンチ証券の『伝説』といわれたセールストレーダーだそうです。

 

メリルリンチ証券がどのようなものかを知りたい方もいらっしゃるかと思いますので、公式ホームページから引用させていただきます。(実際私もよく知りませんでした笑)

バンクオブアメリカ・メリルリンチは、日本有数の総合金融サービス会社です。
資本市場業務、投資銀行業務、企業金融業務、証券の売買やトレーディングを通じて、企業、機関投資家、政府などのお客様に戦略的なアドバイスをご提供しています。

出典:メリルリンチ証券(日本のバンクオブアメリカ)

 

この説明を読む限り、メリルリンチ証券は、いろんな顧客に対して投資アドバイスをしている証券会社のようですね。

 

そして、メリルリンチ証券は、かなり長い歴史のある証券会社です。そのメリルリンチ証券の伝説とまで言われたセールストレーダーが銘柄配信を行っているのですから、かなりすごいんじゃないかと期待してしまいます。

 

それだけでなく、シンガポール最大手の投資銀行ともいわれるUOB、アセットマネジメントの代表取締役社長を勤めました。

 

UOBについては、wikipediaでこのように解説されていました。

UOBは、1935年8月6日、シンガポールにおいて設立された[1]。当時の銀行名は、ユナイテッド・チャイニーズ銀行であった[1]

現在では、UOB(マレーシア)、UOB(タイ)、PTバンクUOB・ブアナUOB(中国)の各子会社を統治し、19カ国で事業を展開している[1]

1970年7月20日シンガポール証券取引所株式を公開した。ストレーツ・タイムス指数構成銘柄の1つである。

FDIアドバイザリーグループ(Group Foreign Direct Investment Advisory)という部署が、2011年に設立され、2015年には特に日系企業を支援するためのジャパンデスクが外資銀行としては初めて設立された。近年、東南アジアでのビジネス拡大を図る日系企業が増加しており、このような企業の東南アジアにおけるクロスボーダーのビジネスを支援する。このため、日本政府金融公庫や日本の地方銀行とも業務提携を行っている。

出典:ユナイテッド・オーバーシーズ銀行 – Wikipedia

 

これを読む限り、UOB(ユナイテッド・オーバーシーズ銀行)は、かなり大きな投資銀行のようです。

平田和生氏は、これほど大きな投資銀行の代表取締役社長を務めたということで、ますます株ドカンに期待してしまいます。

 

ここまで見てきたように、平田和生氏は、日本人トップクラスはもちろん、世界の投資家の中でもトップクラスの実力を持つ人物だそうです。

最後に、簡単に平田氏のプロフィールをまとめておきます。


平田和生(Hirata Kazuo)

【出身大学】

慶應義塾大学

【経歴】

勧角証券(現・みずほ証券)ジュニアストラテジスト メリルリンチ証券No.1セールストレーダー

UOBアセットマネジメント代表取締役社長

日本投資顧問協会、副部会長

 

株ドカンの口コミ

詳しくはこちら⇒株ドカンの口コミ


まずは、株ドカンの口コミをネットで探してみました。口コミを紹介されていたホームページから引用させていただいております。自分で投資顧問の口コミを探すのは口コミが多すぎるし、あまり内容のない口コミもたくさん出てきて面倒だと思うので、特に有用そうな口コミを私が独断と偏見でまとめてみました

 

まずは、株ドカンの良い口コミから見て行こうと思います。

良い口コミとしては、このような口コミがありました。

去年のだいたい1年を見た場合、
勝ちが86銘柄に対して、

負けが14銘柄、

単純の勝率としては、
約86%程度をマークしてます。

出典:株ドカン 平田和生の口コミで評判の情報は本物?詐欺じゃない?株式銘柄情報ってどうよ?

 

これが本当だとしたら、とんでもない勝率です。私が普通にトレードしたら勝率は確実に50%を切ってしまうと思いますので、これは、すごすぎる数字です。もちろん負けることもあるのですが、勝率がこれだけ高ければトータルでは確実にプラスにすることができると思います。

 

 

次に、株ドカンの悪い口コミを見てみましょう。

無料期間中に勝てないと分かって良かった あのまま続けてても、勝てずに利用料だけ払うことになってだだろうし 株ドカンで勝ててる人ほとんどいないだろうね

出典:暴露板:お宝銘柄配信【株ドカン!】無料版 | 情報商材「暴露板」 – 情報商材をレビュー評価する掲示板

 

この方は、無料期間中に勝てなくて辞めてしまったようです。

もちろん、このまま続けたら負けがさらに続いてしまった可能性もあるかと思いますが、株式投資というものは、長い目で見てトータルで勝てるかというのが大事なので、無料期間中はたまたま負けが続いていた可能性もあるかと思います。

それは、登録してみないと分からないことなので、株ドカンに登録するかどうかは、皆さんにお任せします!

 

 

もう一つ株ドカンの口コミを見てみましょう。これまた株ドカンに対するネガティブな口コミです。

名前通りドカンとやられましたー。ここ最近ずっとマイナス続きです。そろそろ損切りしようかと思ってます。損失分を返せと言いたいです。

出典: 株ドカン!の口コミ、株情報、株価予想、投資顧問、無料情報、評判まで徹底検証

この口コミだけではなんとも言えませんが、先ほども申し上げたようにマイナス続きになることもあります。

そして、注目してほしいのが、この方は損切りできていないことです。損切りについての指示は、株ドカン側から配信されるので、それに従えば大きな損失を被ることはないと思います。

投資顧問に頼ると、損切りの指示もしっかりと忠実に守ることが重要になってきます。私が投資顧問に登録するときは、絶対に損切りの指示は守るようにしています。

これは、普段の投資と変わりませんね。

 

最後に、もう一つ微妙な口コミを紹介しておきます。

無料期間中に1銘柄だけ配信されたときは少し利益出たのでそのまま有料に。やっぱり14日じゃ実力なんて分からないですね。その後は2か月マイナスだったんで解約しちゃいました。

出典:株ドカン!の口コミ、株情報、株価予想、投資顧問、無料情報、評判まで徹底検証

 

この方の場合、最初の無料期間中には、利益が出たようなのですが、その後の2か月はマイナス続きだったようです。もちろんこの方の場合も、その後も使い続ければトータルでプラスになる可能性はあるかと思うので、微妙な口コミですね。

この方の場合は、無料期間中は利益が出ていたようですし、株は、一時的に負けることはどんな手法でもあるものなので、微妙な口コミとして紹介させていただきました。

 

株ドカンに関する口コミツイート

twitterで、株ドカンに関する口コミツイートを探してみました。探すのがけっこう大変でしたが、いくつか見つけたので紹介していきたいと思います。

 

 

株ドカンの口コミまとめ

こうして、投資顧問株ドカンの口コミを見てきましたが、やはり、損した方もいれば、儲けている方もいるようですね。損が出たという口コミは、最初の数か月だけ株ドカンを使ってみて「ダメだった!」というものが多い印象でした。

 

そして、私がリサーチしたところ、長く続けて検証された方のブログなどでは、しっかりと利益を出せていました

 

配信された銘柄の多くはしっかり上昇しているみたいなので、指示通りにトレードすれば、それなりの利益は得られるのかもしれません。もちろん配信銘柄の中には、下がる銘柄も存在するので、くれぐれも指示に従わずに損切しないでズルズルと損失を膨らませてしまうようなことはないようにすれば、問題ないかと思います。

 

株ドカンのお申込みはこちらから

今なら14日間完全無料となっています。株ドカンが良いのか悪いのかご自身で判断していただくためにも、お試しで無料登録してみてもいいかもしれませんね。

私は、以前別の投資顧問で、無料期間がないものに登録して全く勝てずに失敗した経験があるので、無料期間があるのは、とても親切な投資顧問だと思います。
即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

 

株ドカン関連サイト

株ドカンに関連したサイトをいくつか紹介したいと思います。