脳の作業効率を上げればトレードも上手く行く?

Pocket

「脳」の作業効率を高めるには、いつなにをすべきなのか? | ライフハッカー[日本版]という記事を読みました。

この記事では、「いつもの仕事が倍速で進む活脳スイッチ」という書籍を参考に、脳の作業効率を高めるための方法論について語られていました。

この記事を読んでみると、この脳の作業効率を高める方法論は、株式投資やトレードにも応用できるのではないかと思えたので、紹介したいと思います。

 

『いつもの仕事が倍速で進む活脳スイッチ』(西多昌規監修、永岡書店)の監修者は、脳科学に関する多くの著作を持つ人物。本書では「活脳」をテーマに、脳科学に基づいた125種もの“活脳テクニック”を明かしています。それは、脳をマネジメントすることでもあるのだとか。

出典:「脳」の作業効率を高めるには、いつなにをすべきなのか? | ライフハッカー[日本版]

早速、この記事を参考に、その方法論と、なぜその方法論がトレードに応用できると考えられるのかを紹介していきます。

 

 

この記事によると、脳の作業効率を高めるスイッチ(方法)には、次のようなものがあるといいます。

 

  • 起床後、朝の光を浴びて体内時計をリセットする
  • 朝のゴールデンタイムを利用して「朝活」を行なう
  • 午前中は「頭を使う仕事」、午後は「人と会う仕事」をする
  • 感情的になりそうな仕事は夜間に行なってはいけない
  • 夜遅くにネットショッピングするのはやめる
  • 日中、仕事でイライラしたら呼吸と歩行をスローにする

(記事より)

 

それでは、それぞれについて、見て行きましょう。これらを実践することで、株式トレード成績・投資パフォーマンスも見違えるようになるかもしれません。

起床後、朝の光を浴びて体内時計をリセットする

記事の元になった本の著者によると、朝、目が覚めたらいちばん最初に行うべきは、外の光を浴びることだと言います。

これは、医学的にも重要なことで、睡眠と覚醒のリズムを整えるために効果的な手法です。ホルモンバランスを整える効果があります。

 

こうすることで、最高の覚醒状態に身体を導くことができ、最高のパフォーマンスを発揮できるのです。

このパフォーマンスは、株式投資やトレードでの判断力などにも影響するでしょう。しっかりとした覚醒を得ることで、最高の投資パフォーマンスを発揮することができるのです。

実際、私も朝起きたら出来る限り日光を浴びるようにしています。ちなみに、曇りの日でも外の光を浴びることは効果があるそうです。

 

外の光を浴びてからや、浴びながらトレードをして、思考力、判断力を最高の状態に上げてからトレードをするようにしてみると、結果が残せるかもしれません。

 

朝のゴールデンタイムを利用して「朝活」を行なう

しっかり目が覚め、朝食を食べてから午前10時くらいまでの間は、「朝のゴールデンタイム」。というのも、この時間帯の脳は朝食の栄養が行きわたり、新鮮な酸素が供給され、頭の回転もよく、判断力、思考力、記憶力、ひらめき力などが全般的に向上した状態だから。

出典:「脳」の作業効率を高めるには、いつなにをすべきなのか? | ライフハッカー[日本版]

記事によると、朝食を食べてから午前10時までの間は朝のゴールデンタイムなのだそう。頭の回転、判断力、思考力、記憶力、ひらめき力などが向上しているので、この時間にトレード対象の銘柄の精査や、戦略・手法の改善方法を考えることなどをしてみると、成績が向上するかもしれません。

確かに、夜遅く、仕事終わりなどに銘柄の精査をしていると、疲れていてあまり頭が働かないこともあるように思います。なので、朝ごはんを食べてから、寄り付きまでの間に、銘柄リサーチなどをするようにするとトレード成績・投資成績が向上するかもしれません。

 

午前中は「頭を使う仕事」、午後は「人と会う仕事」をする

記事では、午前中は交感神経優位で、午後から夜は副交感神経が優位に働き、交感神経が優位な状態の午前の方が論理的に考えることができ、副交感神経が優位な午後には、ものごとを感情的にとらえる傾向があると解説しています。そして、記事によると、午前中は頭を使う仕事をし、午後は人と会う仕事をすると効率的だとのことです。

 

つまり、午前中の方がトレード成績が良くなる可能性があります。人によっては、午前の寄り付き直後しかデイトレードをしないというデイトレーダーの方もいるそうですが、それは利にかなっているわけですね。

実際、午後もトレードしたいという方もいるかと思いますので、そのような方は無理にやめなくてもいいと思いますが、大引けを過ぎたら一度トレードのことは忘れて、別の仕事に切り替えた方がいいかもしれません。例えば、元記事では、午後は人に会う仕事をするといいと解説されていたので、尊敬するトレーダーの方と会ってトレードのコツを聞いたり、投資家仲間と会って情報交換をしたりするといいでしょう。

 

このような工夫を毎日コツコツ続けて行けば、投資成績も上向いてくるかもしれません。投資はコツコツが大事だといいますが、このような生活面でもコツコツが大事なのだと思います。

 

感情的になりそうな仕事は夜間に行なってはいけない

株価下落。辛い。

感情的になりそうな仕事は夜間に行ってはいけないそうです。

なので、負けトレードの反省などは出来る限り朝のうちに済ませてしまった方がいいでしょう。

 

副交感神経が優位になる夜間は、自分が「抱いている感情」や「普段は隠している本音」が表に出てきてしまいがち。怒りや不平不満を抱えたまま遅くまで残業していたりすると、マイナスの感情がむくむくとふくらんできてしまうのは、そのせいなのだといいます。

出典:出典:「脳」の作業効率を高めるには、いつなにをすべきなのか? | ライフハッカー[日本版]

夜に、負けトレードの反省をしていると、「なんでこんなところで買ってしまったんだ…」、「なんであの時売ってしまわなかったんだ…」とネガティブな感情が湧きだしてきてしまいかねません。

この記事の情報を活用してトレードに反映させると、朝のうちにネガティブな感情が湧きやすい負けトレードの反省や分析は終わらせてしまった方が得策だということになります。

 

夜遅くにネットショッピングするのはやめる

夜遅くにネットショッピングをすることもあまり良くないようです。夜間の脳は思い込みが激しくなっているためだそうです。

経験のある方も少なくないでしょうが、夜遅くにネットショッピングをするのも、なるべく避けたいところ。なぜなら、つい買いすぎてしまったり、必要のないものまで買ってしまうことが多いから。夜間の脳は思い込みが激しくなっているため、欲望が先走ってつい「カートに入れる」「ご購入手続きへ」などのボタンをクリックしてしまいがちになるというのです。(83ページより)

出典:「脳」の作業効率を高めるには、いつなにをすべきなのか? | ライフハッカー[日本版]

これを辞めれば、無駄なものを買ってしまって、株式投資などの投資に回すお金が無くなってしまうというような状態を避けられますので、夜遅くにネットショッピングするのをやめることもトレード成績につながってくる可能性があります。

 

日中、仕事でイライラしたら呼吸と歩行をスローにする

記事によると、日中、仕事でイライラした時には呼吸と歩行をスローにしてみることも大事なことだそうです。

普段私たちは、身の回りにストレスの種をたくさん抱えており、気付いた時には交感神経がイライラ、ピリピリの戦闘モードになってしまっているといいます。この状態が長く続くと、心と身体に負担がかかってしまい、不調に陥ってしまうそうです。

したがって、私たちは、普段の生活で出来る限り交感神経を落ち着かせ、副交感神経を働かせることで、自律神経のバランスをとっていかなければならないとのことです。

そのために大事なのが、深呼吸をしたり歩行をゆっくりにすることだそう。

具体的にどうすればいいのかといえば、自律神経バランスを整えるためにもっとも簡単な方法は、「深呼吸」をすること。ひとりになって目を閉じ、心のざわつきを鎮めて、ゆっくり2、3回呼吸をしてみる。それだけでもイライラがおさまってくるといいます。

また、深呼吸をしたあとは意識して心に余裕を持ち、ゆっくりと歩くようにするといいとか。「呼吸」や「歩行」は自律神経とリンクしているため、これらのテンポやスピードをスローにすると、副交感神経が刺激されて心身が落ち着くようになるというのです。

出典:「脳」の作業効率を高めるには、いつなにをすべきなのか? | ライフハッカー[日本版]

 

トレードをしていると、負けたときや、勝って興奮した時などにストレスが溜まり、交感神経が暴走してしまいがちです。このような工夫を投資家の方はぜひとも取り入れてみるべきなのではないでしょうか。

 

このような工夫をすることでトレード成績アップ!

今回は、ライフハッカーさんの記事で脳の作業効率を上げる方法に関する記事を参考に、それがトレードにも活かせるのではないか?という提案をしてみました。

この記事にあることをしっかりコツコツと実践していけば、トレード成績も上向いてくるかもしれません。トレードや投資の成績には、頭の回転や分析力もかなり重要な要素だからです。

 

脳の作業効率を上げる方法をさらに詳しく知りたい方は…

今回紹介した脳の作業効率を上げる方法をさらに詳しく知りたい方は、実際に、記事で紹介されていた本(いつもの仕事が倍速で進む活脳スイッチ)を手に取ってみてはいかがでしょうか?

実際に読むことで、よりイメージがしやすくなり、より実践しやすくなると思います。

 

いつもの仕事が倍速で進む活脳スイッチ [ 西多昌規 ]

価格:1,080円
(2017/8/10 23:33時点)
感想(0件)

今回の記事を読んだ方にぜひとも読んでいただきたい記事

最後に、今回の記事を読んでくださった方にぜひとも読んでいただきたい記事をいくつか紹介して終わりたいと思います。

テンバガーを狙う!考察・黒転予想銘柄まとめなど…当サイトで一番読まれている記事です。今回の記事の手法を活かして、テンバガーを狙えそうな銘柄を分析したりスクリーニングで探してみてはいかがでしょうか?

株本・投資本で個人投資家が読むべき勉強になる名著…より具体的な投資手法について書かれた株本を紹介しています。

おつりで簡単に投資ができる時代に。トラノコとは?…記事の途中で投資にはコツコツが大事だと書きましたが、コツコツと投資をするためにうってつけのサービスが開始されました。それがおつりで簡単に投資ができるサービス「トラノコ」です。トラノコは、この記事を読んだ方にぜひともやってみてほしい投資サービスです。