スロプロ、パチプロから株式トレーダー(投資家)に転向するメリット

Pocket

スロプロやパチプロから株式トレーダーや投資家に移行して大成功している方が多くいます。例えば有名な投資家のテスタさん(テスタさんのブログはこちら⇒テスタの株日誌-目指せ利益20億円!-)も元スロプロです。

私も株に対して投資を始める前は、スロプロとして活動していて、スロットで稼いでいました。株式投資の元手となった資金もスロットで稼いだお金です。

そこで、今回は、スロプロやパチプロから株式トレーダーや投資家に転向するメリットをお伝えしていこうと思います。私がなぜスロプロから株式投資家になったのかという理由や、スロプロだった私だからこそ分かるスロプロから株式トレーダーに移行するメリット、利点なども書いていきたいと思います。

 

パチプロ、スロプロから株式投資家になった理由

まず初めに、私がスロプロから株の投資家になった理由を書いていきたいと思います。

現在パチプロ、スロプロの方で、転向を考えている人やそうでない人でも読んでいただけると参考になるかもしれません。

 

スロットやパチンコで稼ぐのに限界を感じた

スロプロとして生活していましたが、徐々に一般人の稼動も少なくなってきていますし、新基準機の登場により、大きく稼ぐのが難しくなってきました。

出玉性能も昔の方がよかったです。

もともとハイエナという方法で稼いでいたのですが、徐々に設定狙いにシフトするようになりましたが、設定狙いは店に左右されるので、いつか稼げなくなる可能性もあります。

なので、徐々にスロットやパチンコで稼ぐことに限界を感じるようになりました。多くのパチプロ、スロプロの方が限界を感じてきているのではないでしょうか?

 

そして、スロットやパチンコの限界を感じた私は、もっと未来があって楽に稼げる方法を考えたところ、株式投資が思い浮かび、それを始めることにしたのです。

 

スロット、パチンコでは肉体労働が辛いが投資なら買って放置でもOK

スロットで設定狙いをするときや、パチンコで回る台を確保できたときは、出来る限り期待値を積むために、一日中座って回していると思います。これって結構キツいんですよね。

肩凝りにもなりますし、腕が痛くなってきます。足が痺れたり、頭がガンガン痛むこともあります。調子が悪いと頭痛が数日続くようなこともありました。

 

スロットのハイエナをしているときは、一日中良い台を探すために、歩き回って足が痛くなりますし、良い台が見つからなければ、一日中移動して終わりという日もありました。

とにかく、スロットやパチンコでは肉体労働が非常にキツいのです。上手く立ち回れば稼げますが、身体はどんどん酷使されていきました。

 

それと比較して、投資なら買って放置でもOKなので、非常に楽です。デイトレだとまた肉体労働に似た感じで、ずっと銘柄を監視していなければなりませんが、スイングトレードや中長期投資なら常に見ている必要はありません。

なので、肉体労働から解放されたいという思いで、株式への投資を始めました。

 

スロット、パチンコ業界は今後衰退していく可能性がある

射幸性があるとのことで、スロットやパチンコにはどんどん規制が入ってきています。そのため、出玉感が激減しているのです。その影響で、スロプロ(設定狙い、ハイエナともに)やパチプロも稼ぎがどんどん減っています。

パチンコ規制やスロット規制については詳しくはすろぱちくえすとのだてめがねさんが詳しくまとめてくださっているので、そちらをご覧ください⇒【2017年最新】パチンコ規制の内容と強化された理由をまとめてみた

スロット規制についてはこちらです⇒【2017年最新】5.9号機(6号機)の出玉規制詳細や撤去時期【3000枚規制】【未来予測】6.0号機(5.9号機)規制によってスロット業界はどうなってしまうのか

 

このように、パチスロやパチンコの業界は規制の影響もあり、今後も衰退が加速していく可能性が高いと考えられます。

なので、パチスロだけではなく、新しい稼ぎ方を模索していかなければ、いつか稼ぎ口がなくなってしまうのではないかと思ったのです。そこで思いついたのが株式投資でした。

 

パチプロ、スロプロの経験がトレードや投資で活かされる点

ここからは、私がパチプロ・スロプロから株式投資家に転向して実際に感じた、「パチプロ、スロプロの経験」がトレードや投資で活かされる点について書いていきたいと思います。

意外にも、パチンコやスロットでの経験が株のトレードでも生きてくるのです。

 

株でもパチンコ、スロットの期待値の考え方ができる

株も確率や値幅などを考えてエントリー(購入)したり、売却したりするので、スロットやパチンコにおける期待値の考え方を活かすことができます。

試行錯誤を繰り返すのもパチンコやスロットと同じです。データを分析し、期待値を計算し、試行を繰り返し、期待値に収束することを期待する。そして何度も試行を繰り返し、利益が収束してくる…。このイメージを持ってトレードをして、利益を上げることができました。

スロットやパチンコでも期待値の考え方をしていたことがトレードに活かされているのです。

このことは、冒頭でも紹介したテスタ氏も実践しているそうです。

 

マーケットの暴落時や暴騰時でも冷静な判断ができる

マーケット全体の暴落時や暴騰時には初心者投資家は焦ってしまいがちですが、スロプロやパチプロの経験があるなら、焦ることなく、冷静な判断をしながら投資をすることができると思います。

株式が大きく下落しているときには、リバウンドする可能性が高いので、期待値が高い状態となります。期待値の考えができるスロプロ、パチプロだった方なら、そのような状態を冷静に分析して購入することができるので、全体が荒れているときにも、冷静な判断をして利益を上げることが可能なのです。

 

持っている株が暴騰したときも、今後暴落する可能性が高いと考え、利益確定をしていくことができ、暴落を逃れることができます。

このような点で、一般的な投資家よりも、元スロプロ、パチプロは利益を上手く上げることができるのです。

 

数字に強いと業績や銘柄毎の期待値が読める

株式投資もスロットやパチンコと同じく、数字との闘いです。株価も数字ですし、チャートを読むときも数字を見たりします。各銘柄毎には、業績を読むために、数字を読みます。売上、経常利益、一株利益などを良く観察するときに、スロットやパチンコで得た知識といいますか、経験が生きてくるのです。

各銘柄を比較して、どちらの方が期待値が高いかを読むことは、スロットにおける設定狙いに通ずるものがあります。

このような点で、一般的な投資家よりも、数字に強いスロプロ、パチプロは有利だと言えるかもしれません。

 

まとめ

スロットやパチンコの業界は現在衰退の一途を辿っているように感じます。

スロットの規制によって、以前のような爆発力もなくなってきましたし、機種ごとの機会割を明らかに下がってきていますし、パチンコにもどんどん規制が入っています。

このような状況で、スロットやパチンコ一本で食べて行くのは限界があるかもしれません。だからこそ、スロプロやパチプロの方がその経験を十分に活かせる株式市場やFXなどに挑戦して成功すれば今後も長く食べて行けると考えられます。

確実に稼げるとは言いませんが、パチプロ、スロプロの方にはぜひとも株式投資への挑戦をオススメしたいです。

 

最後に、株式初心者の方のために、上達への近道として書いた過去の記事がありますので、そちらも掲載しておきます。株式投資を始めよう!と思った方はぜひ読んでみてください⇒株初心者にオススメしたい上達への近道