株のナンピン買いをして儲かった事例

Pocket

この記事では、株のナンピン買いをして儲かった事例、大儲けした事例を紹介していこうと思います。

多くの投資本でナンピン買いは悪いことのように扱われていますが、上手くナンピン買いを使いこなすことができれば、うまく儲けることができるのではないか?と考えたのが、この記事にまとめようと思ったきっかけです。

実際、私もナンピン買いで何度も成功しています。

 

株のナンピン買いの前提として…

株のナンピン買いで儲かった事例を紹介する前に、株のナンピン買いをする際の前提をお話しておこうと思います。これを守らないと大損する可能性が高まりますので、これを読んでいる方がナンピン買いをする際には、必ず守るようにしてほしいと思います。

そもそも、株のナンピン買いは大損する可能性もある諸刃の剣なので、株式投資でナンピン買いを試してみて大損したとしても当ブログは責任を負いかねますので注意してください。

 

さて、株のナンピン買いをする際の前提として必ず守ってほしいのが、自分の限界以上に買わないこと、資産の一部のみで行うこと、決してレバレッジをかけない、かけすぎないことです。

とにかく、ナンピン買いを繰り返して下がっていっても、耐えられるように資金管理をすることが重要です。

ナンピンでは、資金管理が普段の投資以上に重要になってきますので、株のナンピン買いをする際には、資金管理を徹底してください。

 

株のナンピン買いで儲かった事例

それでは、さっそく、株のナンピン買いで儲かった事例を紹介していこうと思います。

 

事例1.mushoku2006さんの事例

まず一つ目は、mushoku2006さん(仮名・44歳、投資歴20年)という方の事例です。

この方は、ひたすらナンピン買いを繰り返して、最終的に利益を得るスタイルで投資をしているそうです。最終的には、36歳でリタイヤすることができたそうです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください⇒「1億円さん」に聞く 私はこうしてお金を殖やした(1)|マネー研究所|NIKKEI STYLE

 

事例2.吉良吉影さんの事例

次は地方公務員トレーダーの方が株のナンピン買いで2億円を稼いだ事例です。

この方の手法は、25日移動平均線乖離率や75日移動平均線乖離率がマイナス方向に大きい銘柄で、かつ長期間株価が下落トレンドを続けている銘柄を選定して計画的ナンピンを繰り返すというものです。

 

詳しくはこちらの記事をご覧ください⇒地方公務員トレーダーが株で2億円稼いだ秘密 | ハーバービジネスオンライン

 

五味大輔さんもナンピンをしている

資産二百億円超えの大個人投資家五味大輔さんも、筆頭株主となっている「そーせい」株でナンピン買いをしています。

これほどの方でもナンピン買いをしているということは、優位性があるということの証拠といっても過言ではないのかもしれません。

詳しくはこちらをご覧ください⇒そーせい筆頭株主の五味大輔さん、五味ライン崩壊から意地の買い増しで新五味ラインを築造 : 市況かぶ全力2階建